検索エンジンで集客するにはWEBサイトに人を集める為に、SEO対策が必要な理由

インターネットでお客様を集客していこうとするときに、どうしても必要なことが「認知させる」という作業です。

ネット以外の仕事でもそうですが、良いサービスで良い商品でも、
広告もせず、誰も通らない道にお店を出してもお客様は御社の商品が
分からず誰も購入する事はありません。
これと同じことがインターネットでもあります。


ホームページを作っただけでは何も起こりません。


認知させる作業をしなければ誰も御社の事は分からないままなのです。
それでは、どうすれば人を集める事ができるのでしょうか。

現在、日本人の8割以上の方がインターネットを使用しそしてヤフーやグーグルといった検索エンジンで検索することが当たり前となっています。
ということは御社も検索エンジンで引っかかるようにしなければお客様は訪れてきませんよね。
インターネットでで売り上げを上げる為には、ただアクセスを集めるのではなく、『見込み客となる』お客様集める必要があります。
つまり、見込み客が使う確立の高い「キーワード」で検索した際に、検索結果20位以内に表示されなくてはいけないのです。
ほとんどのお客様は、検索時に「2ページ目」までしか見ない、というデータが出ております。
その為、お客様に認知され、見てもらうには、最低でも「20位以内」に入る必要があります。


1.検索エンジンのキーワードで上位に表示されると、一般のお客様は御社がその地域やサービスで有名な企業だと思われることで信頼されやすいというメリットがあります。


2.キーワード検索で1位や2位などに上位表示される企業は、優良な企業というイメージがあるのではないでしょうか。


3.当然アクセスが増え、見込み客が増えていきます。見込み客が増えるという事は、売り上げに繋がる集客ができるということです。

 


検索エンジンは、独自の基準で順位を決めていますので、いつでも意図的に上位表示させるという事はできません。


ですが簡単に言いますと、お客様が検索エンジンで調べたときに有益な情報にたどり着くことが検索エンジンの使命です。

ということは御社のホームページを検索エンジンから「有益な情報を持ったサイトである」と分からせてあげることが必要なんです。


無料お見積りをお考えの方はこちらから >>